どらいぶどらいぶ

今日は埼玉県をぐるっと車で回ってきました?♪
普段、電車とバスで営業に回ってるので、車で回ると、とても新鮮です。
車の窓から外を見て、ふと気がついたんですが、埼玉県には季節があるんです、季節が!
飯能あたりまでくると、まさに冬?って感じでした。
いざ、新宿に戻ってくると…。
あれ?季節は?秋?冬???ヽ(~?~ )ノ
その点、海の中はとっても季節を感じます。
特に日本の海は四季がはっきりしていますよ?。
冬に潜るのも、これまた楽しいんです。
冬の大瀬崎は、メバルとかカサゴがおいしそうに…、いや、楽しそうに泳いでます(*^▽^*)
これは海の中を見た人じゃないとわからないんだろうなぁ。

春の風

今日は曳船まで出かけました。
お昼ごろ、ふと風が暖かいのに気がつきました。
もう春はそこまでやってきているんですね?(*^^*)
“冬は必ず春となる”って言葉があります。
どんなにつらい冬でも、必ず春は、やってくるって事。
当たり前の事なんですが(^▽^;)
どんなにヘコんでも、わたしはそうやって春を信じてがんばります。
そうそう!
今日は曳船で珍しい中華屋さんに入りました(^^)
壁に調理師免状が貼ってあって、見ると昭和39年に交付されてるんです。
まぎれもなく昭和30年代のお店(*゜▽゜)ノ
横浜にラーメン博物館っていうのがあって、そこは昭和30年代の町を再現しているんですが、まさにその本物バージョン!
で、そこでアジフライライスを頼みました。
アジフライ定食ではなくて、アジフライライス(^∇^)
カレーライスみたいに、ライスの上にアジフライがドンと盛ってあるのかなぁと思っていたら、アジフライとどんぶりめしが出てきました♪
さて頂いてみます。
アジフライはさっくり、ふっわふわo(*^▽^*)o~♪
しっかりと上手に上がっていました、店のオヤジ、うますぎるぜ!!!
お値段350円也。
あぁ、素晴らしき下町!
画像は後日アップ予定っす。

天麩羅についての一考察

今日はですね、てんやで天丼を頂いたんです。
で、ちょっと天ぷらについて考えながら食べたんですね。
天丼の天ぷらは、天丼用に揚げられているから、おいしいに違いない、と。
塩や天つゆで食べる天ぷら(最近、とんとご無沙汰)は、それように揚げられているからおいしいのか、と。
そして、天ぷらうどん用の天ぷらは、それらと同様にそれ専用に処方されているから、その存在があるんじゃないかと。
つまりは、同じ天ぷらと云えども、その用途と機能によって少なからずアレンジが加えられて初めてそのていを為す…ということを考えたのですよ。
これって、人間社会にも言えることなんでしょうね。
同じ人間でも、その人個人の生き様や価値観、尺度、生まれ育った環境が少しづつ違うから、社会が成り立っているんですよね。
それぞれが持ち場持ち場でちょっとした工夫をすることによって、いい味が生まれ、いいハーモニーが奏でられる。そう思んです。
「私は人と違うから…。」とマイナスに捉えがちな人がいますが、その違いを認識したとき、それはその人にとって、大きな財産になるかと思います。
その違いこそが、社会を生き抜く最高にして最大の武器になるんじゃないかなぁ。
違いって大切ですね。

効果的な入浴法

今日は仕事で「症状別効果的入浴法」っちゅうのをまとめていました。
お風呂の入り方ひとつで、色んな症状が緩和されるんですね?、改めてびっくり。
最近、おなかの調子があまりよくないので、そのコーナーだけは力が入ってしまいました(*^▽^*)
よく、「からだの芯まであたたまった?」って言いますよね。
これって実は、内臓までよーくあたたまったって事なんですね。
熱いお風呂に入ると、からだの表面はあたたまっても、内臓までは温まってないんです。
内臓まで温めるためにはやはり30分くらいの入浴が必要。
よく温まって初めて血行が促進されて、内臓が強くなるようです。
その時に、軽くマッサージしてあげると、便秘の予防・解消にもつながるとか。
私は快便なので、その辺りは心配ないんですがヾ(≧▽≦)ノ☆
今夜はゆ?っくりお風呂につかってみようかな。